約定力が高くスムーズに取引が可能

女の人

FXでは、為替の急変などによって本来であればロスカットされるはずのレートではなく、ロスカットの基準を超えた段階で決済されることがあります。これによって、口座内の残高がマイナスになってしまう場合もあります。この時、国内FX口座であれば追証(おいしょう)という追加料金の振り込みが必要となってしまいます。しかし、海外FX口座にはゼロカットといわれる仕組みが存在しています。ゼロカットは、残高がマイナスになった場合でも業者が負担をして口座残高をゼロとしてトレーダーがそれ以上損をしないようにする仕組みです。このゼロカットにより、口座内のお金がなくなるということはあっても借金を負うということはなくなります。

多くの投資家が「海外のFX業者は追証ゼロカットサービス(追証ゼロシステム・追証なしサービス)を採用していて、国内のFX業者は採用していないのはなぜなのだろう?」と思っているのではないでしょうか。たしかに金融庁は「顧客の資産を守るために」という大義名分でレバレッジ規制を導入したのですが、多少FXトレードをしたことがある方であれば、「レバレッジ規制なんか顧客資産を守るどころか、少額資金のトレーダーを排除しているだけで、追証を失くしてもらった方がよっぽどいいよ。」と思うのが当然なのです。

海外FX業者は実際に売買をする取引方法を採用しているため、「追証ゼロ」でトレーダーが安心して取引量を拡大してくれる方がマイナス残高のリセット分よりも何倍もメリットが大きいので「追証ゼロカットサービス」を採用しているのです。