ゼロカットで安心取引

女の人

高レバレッジで取引が可能
国内FX口座と海外FX口座の最も大きな違いとして最初に挙げられるのが、レバレッジの差です。国内FX口座が規制で最大レバレッジが25倍までと決まっているのに対して、海外FX口座に関しては規制がありません。そのため、海外FX口座には最大レバレッジが3000倍という業者まで存在します。

「レバレッジを高くするとリスクが高くなってしまうではないか!」と思っている方も多いと思います。確かに、レバレッジの高い取引にはリスクがあります。しかし、高いレバレッジで取引ができるということは必要証拠金が少なくて済むということです。100万円の取引を行う場合、レバレッジ25倍の国内FX口座では4万円が必要です。しかし、レバレッジ1000倍の海外FX口座では1000円でトレードを行うことができます。
また、必要証拠金が少ないということは同じ金額が口座にある場合の必要証拠金維持率が海外FX口座の方が高くなり、柔軟な取引が可能になります。この時、国内FX口座の場合は1.2万円になると強制的にロスカットになってしまいます。しかし、海外FX口座の場合は500円になるまで自由に取引をすることができます。つまり、海外FX口座の方が国内FX口座に比べて柔軟な取引を行うことが可能ということになります。